女性はとてもニキビに悩んだ経験はありませんか。美容薬試しても治らなかった経験がある方もいるでしょう。

ニキビの原因はホルモンバランスの変化による皮脂の過剰分泌といわれているそうです。その為、女性でしたら排卵日付近でニキビが増えるのはうなずけるのです。

主成分となるリンコマイシン系の抗生物質である、リン酸クリンダマイシンゲルが、アクネ菌やブドウ球菌などのニキビを悪化させる原因菌を死滅させるので、ニキビの症状が悪化をしなくなるのです。
しかし、ニキビ跡には効果がありませんので、そのような薬をお求めの場合はハイドロキノンを主成分とする薬を使用する必要があるそうです。

使用方法は、洗顔後に1日2回患部に塗ればいいだけですので楽ですよ。そして、副作用が少ないですので比較的安全らしいので試してみたらどうですか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る