しかし、主成分であるビマプロストの副作用としてまつ毛の増量がみられたので、ルミガンソルーションという同成分の名称が変更となったラティースが販売されました。

このような経緯から緑内障や眼圧の上昇の治療として使われる点眼薬以上にまつげの育毛や増毛を目的とした美容液としての使用が多くなりました。
まつ毛の長さが伸びることに加えて、まつげの密度が増す、細いまつげがしっかりと太く変化するなどの効果があるといわれています。
本来は医薬品として開発されましたので、コスメ商品ではなく医薬品としての扱いとなっています。

少量であれば多少目に垂れても問題がないといわれていますが、もともと緑内障の治療と眼圧の低下が目的のお薬ですので、点眼薬としての使用はしないようにしたほうがよいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る